日本における要介護・要支援認定者数は約660万人といわれています。
サンケイビルウェルケアは、高齢者の健康維持・回復をサポートする「自立支援介護」で、
介護のあり方、さらには高齢化社会のあり方も変えようとしています。

日本における要介護・要支援認定者数は約660万人といわれています。
サンケイビルウェルケアは、高齢者の健康維持・回復をサポートする「自立支援介護」で、
介護のあり方、さらには高齢化社会のあり方も変えようとしています。

  • 高齢者が、元気にそして笑顔になる介護を実践。

    老人ホームとは、一般的には高齢者が介護を受けながら人生最後の日々を過ごす施設と考えられています。しかしサンケイビルウェルケアの老人ホームは、ご入居者が自信と希望を取り戻すためのもの。高齢のご入居者が日常の生活の中で、元気な状態へ向かっていくことを最大の目的としています。そのために国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授を顧問に迎え、「Value aging(バリューエイジング)」をコンセプトとした「自立支援介護」サービスを実践しています。

  • 高齢者の多様化する
    ニーズに応える新ブランド。

    サンケイビルウェルケアは、「ウェルケアテラス」「ウェルケアガーデン」の2つのブランドで首都圏7ヶ所の介護付き有料老人ホームを運営していましたが、2019年6月に、新ブランド「ウェルケアヒルズ」を開設しました。高齢者の多様化するニーズに応えるべく、ハード、ソフトとも「選べる」をコンセプトに設計。ご入居された皆様に、体も心も元気になるような、より充実した毎日を過ごしていただいています。